2010年07月21日

桃園会『a tide of classics 〜三好十郎・浮標〜』に出演します

touenkai.png

今度、桃園会に出演させて頂きます。

「スクエアの上田一軒がなんで桃園会に?」
なんて思う方もいるかもしれません。
なにせ桃園会は、岸田戯曲賞や読売演劇賞なんかの受賞者である深津篤史さんが主宰の、バリバリの演劇派、関西きっての文学派。
我々お笑い派とは縁遠い感じがします。

でも、僕は深津さんとは10年来の知り合いで、スクエアの北村守も昔はよく桃園会に出してもらってました。
深津さんは、以前はよくスクエアも見てくれてて、意外にも褒めてくれてました。
深津さんが、うちのような演劇を褒めてくれるのがなんか不思議な気がして「なにかもっとこうしたらっていいっていうところはありませんか?」ってきいたら、深津さんしばらく考えて「う〜ん、オチが弱い」って。
超文学派の深津さんにオチとか言われるとは思ってませんでしたが・・・的確なご指摘でした。

今回の桃園会は『a tide of classics 〜三好十郎・浮標〜』っていうことで、昭和15年に三好十郎っていう作家が書いた作品。
三好十郎は、有名な『炎の人 ―ゴッホ小伝―』という大ヒット作を書いた作家です。この『炎の人』は新劇系の劇団で今でも上演される長寿作品。今度、仲代達矢さんもされるようです。

その作家さんの「浮標(ブイ)」っていう作品です。
この作品すごい。僕なんかが面食らうのは、主人公のセリフの量。もう半端じゃないくらいしゃべる。主演の紀伊川さんものすごいしゃべる。ほとんどこの人がしゃべっている。これだけ覚えるだけでもすごい。このお芝居3時間半あるんですけど。半分くらい紀伊川さんがしゃべります。
ぼくは紀伊川さんの100分の1くらいしかしゃべりません。

稽古、行ってますが、さすが桃園会、いい。
役者いい!
俺だけがすっとこどっこいだ。
がんばらねば。

見た目の派手さはありませんが、かなりズシッと見応えのあるお芝居です。
小難しいお芝居かというと、そんなことありません。
太くズシッときます。

ぜひ。
posted by うえだいっけん at 02:38| 大阪 ☀| 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。