2010年03月31日

作文2

今日は何を書こう。

もっとさらさらと、書けないものか。

古本屋に清水義範先生の書いた『作文ダイキライ―清水義範のほめほめ作文道場』という本があった。
以前ここにも書いたように、自分は作文がダイキライな子供だったので、思わず買ってしまう。

「子供の多くは作文が大嫌いです。どうしてだか分かりますか。それは学校で強制的に書かされて、さらに、親から作文の本質とちがった批評をうけているからです。「字が汚いわ。我が家の恥を書かないでね。」心当たりがおありになりますか?作文がうまく書ける子は、人間として心豊かで、頭の働く賢い子なのです。お子さんを、作文が大好きな子にする秘策を清水義範が伝授します。」
とある。
小説家清水義範氏が名古屋でやった小学生向けの作文教室をもとに書かれた作文講座。
小学生が書いたいろんな作文と、それへのアドバイスが書かれている。
下の「ちんちん」は子供の書いた文章例。


ちんちん

おとうさんのちんちんは

けと ながいちんちんがのびています。

こうつうじこにあわないでください。


ちんちんの話かと思ったら、急に「こうつうじこにあわないでください」
なんとも唐突で、思わず笑ってしまうが、笑ってしまったのち、自分は「ながいちんちんがのびています」と書いたあと、「こうつうじこにあわないでください」と書くまで、しばしの間悩む子供を想像する。
清水氏いわく、子供は、「立派なことを書かないといけない」と、つよく思っているそうだ。
もちろん、大人がいつの間にかそう思わせているわけだが。
この子は、なんとなく書く価値のあると思った「おとうさんのちんちん」についての考察を書いてみたものの、なんだかそれだけではいけない気がして、「こうつうじこにあわないでください」と立派なことで締めくくったのだろう。
大人から見たら、その唐突さは、一見なんとも味のある文章にも思えるし、シュールな雰囲気も漂わせていて、子供の発想はなかなかすごいな、と思ってしまったりするかもしれないが、種を明かせばそういうことだ。

でも、自分もそうだなと、思う。
文章でも、芝居でも、締めくくり方に困って、何かとってつけたような立派そうな結末にしそうになる。
それはよくない。
よくないな。
posted by うえだいっけん at 22:22| 大阪 ☁| 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームレスのおじさんがはねられてた

今朝、自転車で千日前を走っていたら、交通事故を見た。

いや、事故そのものは見てないんだけど、大通りの交差点の歩道を渡ろうと、信号を待ってたら、横断歩道の途中、中央分離帯のところに、ホームレスのおじさんが寝そべってる。
道路越しに見てると、その脇で、中年の女性がしゃがんで電話をしている。
よく見ると、交差点内には自動車が1台停まってて、その前に飲み物の空き缶がいっぱい散乱している。
そこまで気付いて、やっと、あ、交通事故があったのじゃないかと思った。
おそらく、空き缶をビニール袋いっぱいに背負って横断歩道を歩いていたホームレスのおじさんを、その女性の運転する自動車がはねたのじゃないか。

横断歩道を渡り、近づいて見ると、おじさんの頭には血がべったりと付いていた。
ただ、それほどの出血ではなく、意識もはっきりしているようだった。
「だいじょうぶですか?」と声をかけると、女性はうろたえながら、おろおろと短く事情を説明した。
信号は赤に変わっていたのに渡ろうとしていたホームレスのおじさんと接触してしまったそうだ。
「誰も助けてくれなくて・・・」と、泣きそうに言った。
すでに救急車は呼んだそうだ。
起き上がろうとするおじさんを、「動かない方がいい」と寝かせたりしながら、救急車の到着を待っていると、バイクで信号待ちをしてたおじさんが、僕らを見てたんだろう、バイクに乗ったまま、「傷口を上に向けて傷口押さえて動かすな!」と叫んだ。
叫んで、ブーンと行った。
女性が車の中から、タオルや、座布団を持ってきて、おじさんを安静にした。
間もなく、パトカーと救急車がやってきた。

で、まあもう大丈夫だろうと、僕はその場を去ったんだが、しかし、事故の瞬間も見ず、人だかりもなく、パトカーや救急車も来ていないと、交通事故現場というのは、すぐにそれとは気付かないものだなあと思った。
誰も助けてくれなかったのは、誰も気づかなかったのかもしれないなと思った。
(いやでも、まあまあ人通りはあったし、事故の瞬間を見た人もいただろうになあ。)
まあ、僕にしても、初め中央分離帯で人が寝転んでるのを見ても、ホームレスが寝そべっているとしか思わなかった。

大阪のミナミなんかは、特に真夜中は、そこら中にホームレス(や酔っ払いも)が寝そべっているので、もうみんな見慣れてしまっているから、全然不審に思わなくなってる。
以前、夏の真夜中に商店街を歩いているとき、路地の脇にうつぶせに倒れてる人がいて、その人の足が足の付け根からブツ切れて転がっているのを見つけて、思いっきりのけぞったことがあるが、ただ義足のホームレスのおっちゃんが段ボールの上で寝るのに暑かったのかなんなのか義足を外して寝ていただけだった。
ちょっとの間ドキドキが止まらないくらいびっくりした。
紛らわしい寝方はやめてもらいたいものだ。
「もうこんどからは騙されないぞ」と思うが、でもそんなことを思ってたら、ほんとの事故や事件を見過ごしてしまうようになるかもなあ。
posted by うえだいっけん at 04:42| 大阪 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

さくら

近所の公園も桜満開。

今夜は、自由表現空間シアターカフェNyan〜猫庵〜というところへ、

PAD assist vol.4 feat.Sugi「夜の逃げ水」
作:杉 洋介
演出:片山 加菜
出演:工藤俊作(KUTO-10) 亀岡寿行(桃園会) 武田暁(魚灯) Sun!!(ミジンコターボ)

という公演を観に行く。


image (7).jpg
posted by うえだいっけん at 20:08| 大阪 ☔| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

気になる言葉「暗転」「明転」

ひとがある言葉を間違った意味で遣ってて、ちょっと気になってしまう、ということがないですか?
ありますよね?
僕もときどきあります。
まあ、あんまりひとのことは言えないんですけど。

演劇用語なんですけど、よく間違って使われるを耳にするのが「明転」という言葉。
「暗転」ていうのは、一般のひとでも知ってる舞台用語ですよね。
お芝居なんかで、照明が落ちて、暗くなって、暗い間に舞台を転換したり、役者が入れ替わったり、場面の区切りなんかを表現したりすることです。
で、「明転」。
これは字面からも想像できるように「暗転」の逆です。
つまり、暗転が終わり、照明が再び点いて明るくなること、という意味・・・かというと、ちがーう!
よく間違って遣われるんですけど、「明転」て、そういう意味じゃありません。
「え?違うの?先輩もずっとそういう意味で遣ってたよ」
という若い演劇人もいるかもしれません。
それほどよく「そういう意味」で、遣われてるのを聞きます。
でも、「明転」というのは、そもそもは「そういう意味」ではなくて、「暗転」の逆は逆でも、別の逆、「明るい中で舞台転換する」という意味です。
つまり、転換過程をお客さんに見せながら舞台転換することを言うのです。
「暗転」は、逆に「暗い中で舞台転換すること」です。
の、はずです。きっと。

でも、これ、「そういう意味」で使われてるのをほんとよく聞きます。
かなりベテランの演劇人のひとでも「そういう意味」で遣ってたりします。
もしかしたら、本来の意味を知ってるけど、もうめんどくさいから、便利だから、「そういう意味」遣ってるんじゃないかと思います。
と言いながら、ときどき僕もうっかり使ってしまいます。
なにせ、演劇用語で「暗転が終わり照明がついて明るくなる」ということを端的に言い表す用語がないのです。
「はい。暗転終わり!」とか、「ここで明かりつきまーす」とか言うしかありません。
だから、めんどくさくなって、「はい、ここで明転!」と言ってしまうのです。
まあ、こうやって書いてみると、そんなに何がめんどくさいのかよくわからなくなりますが。
じゃあ、明るいまま転換のときはどう言うかというと、「ここで、明るいまま転換します」とか、「こういう照明で転換しまーす」とか言います。
そういう長ったらしい言い方をする方が圧倒的に多い。(まあ、ぼくの経験の範囲内だけのことかもしれないですけど)
非常にめんどくさい言い方になるのに、「明転」とはあんまり言いません。
言わない理由は、なんとなくわかるんですけど、じゃあもう、「そういう意味にしてしまったらいいじゃないの?」とか思います。

まあ、言葉なんて、人が使いやすいように、間違えて遣ってるうちに、いつのまにかその新しい意味を獲得していくもんなんでしょうけども。
(たとえば、「とても」という副詞は、昔は「とても〜ない」という否定の強調でしか使わない言葉だったそうですが、肯定でも遣い出して、いつのまにか定着したらしいです。「全然」ていう言葉が、今、まさにそういう目に逢いつつありますね。)

あと、気になるのが、これも演劇関係の言葉ですけど、「小劇団」。
そんな言葉、いつ誰が作って言い出したのかなあ。
そんな言い方、もともとないんだけどなあ。
posted by うえだいっけん at 22:27| 大阪 ☀| 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

横山くん『エダニク』受賞

デザインをリニューアルして、ブログ再開。

もう去年の2月のことになるが、真夏の會(まなつのかい)で『エダニク』というお芝居の演出をやらせてもらった。
「真夏の會」というは、むかしクロムモリブデンにいた夏くんと、水の会の原真くんと、女優の富永茜ちゃんの3人の役者で作った演劇プロデュースユニットで、毎回、ちょっと意外な組み合わせの作家と演出家を呼んできて、気に入った役者と一緒にお芝居を作ろうという趣向らしい。
『エダニク』はその第一回目の公演で、作家として売込隊ビームの横山拓也くん、演出として私、上田一軒にお声がかかった。

まあ、売込隊ビームのことも横山くんのことも昔からよく知ってるけど、意外と言えば意外な組み合わせかもしれない。(横山くんは、知り合う前からスクエアの公演を第1回公演以来、ファンのように全公演観に来てくれてたらしい。途中まで。なんかうれしいが、これもなんか意外)

出演は、夏、原真と、The Stone Ageの緒方晋の3人。
男3人の芝居。
役者は3人とも、すごくいいし、台本もとってもよく書けてて、おもしろい。
演出担当の自分としては、実のところ結構なプレッシャーを感じた公演だったが、これが実に高評価で、なんとか仕事を果たせたと胸をなでおろした。
ま、みんな脚本と役者大賞賛で、演出を褒めてくれる人はあんまりいなかったけど。
などと、愚痴っていたら、周りのみんなが褒めてくれた。
めんどくさい演出家だ。

それはさておき、去年の暮れあたり、「そろそろ、真夏の會も第2回目やるのかな。次はどういう組み合わせでやるのかな」と楽しみにしてた頃、横山くんが真夏の會に書き下ろした戯曲『エダニク』が、劇作家協会新人戯曲賞を受賞した。
たいへんめでたい。
審査員のマキノノゾミさんは、この戯曲を100点満点と絶賛したそうだ。
たいへん喜ばしい。
横山くん、おめでとう。

というわけで、さあお祝いをしようということで、なかなかみんなのスケジュールが合わなかったんだけど、先日やっと、真夏の會のメンバーとお祝いをした。
横山くんに、みんなでふぐ料理屋さんに連れてってもらった。
みんなで横山くんに、ご馳走になった。
・・・なんか、おかしい。
普通、横山くんを招待して・・・となるところだが、「いえいえ賞金ももらいましたので、僕の方こそ皆さんに感謝です」と言う横山くん。気前がいい横山くん。横山くんは、とてもいい奴だ。
というか、自分はいつまでたっても情けない先輩だ。

それはさておき、戯曲が賞を受賞したということで、これを再演をしようじゃないかという動きがあるらしい。
それはいいな。
東京でもやりたいな、となっているらしい。
ぜひ、やりなやりな。
と思ってたら、次もわたしが演出らしい。
そりゃそうか。
しかし、それはまた、結構なプレッシャーだ。
なんせ100点満点の戯曲を演出しなければならないのだ。
80点の舞台であっても、20点のマイナスではないか。
それをマイナスしたのは演出家ではないのか。
誰かもっと偉い演出家に頼んでみてはどうか、と言ってみたが、却下となった。
「何言ってるんですか。上田さんでいいんですよ」と言ってくれた。
まあ、そう言うしかないだろうなとは思っていた。
めんどくさい演出家だ。

さあ、たいへんだ。
そんな大した戯曲、どう料理したものか。
あ、そういえば、もうすでに一回料理したんだったな。
・・・ま、でも、刺身で出します、刺身で。
いや、ま、あぶるくらいはするかも。
・・・わさび醤油、添えます。
なに言ってんだ。
そのくらいプレッシャー。
どのくらいだ。

やっぱ、評価の高い戯曲を演出する時って、どんな演出家でもこういう独特のプレッシャー感じるのかなあ。
このあいだピッコロ劇団に出演させてもらったんだけど、そこで天下の有名戯曲『真田風雲録』を演出した内藤さんも、プレッシャー感じてたのかな。
うん、あれは結構感じてたぞ、きっと。稽古の休憩中、俺にコソッと、「おい一軒、もしお前がこれを演出しろって言われたらどうするよ?」なんて言っていきたしな。「僕にさせるわけないでしょ」って答えたけど、「もし言われたら、だよ。しかも、面白くないと殺すって言われてんだよ」って・・・そのぐらいの意気込みでやったのかな。
ま、でもさすが、見事やり遂げなさった。
で、このお芝居が賞まで受賞したらしい。
まったくみんな賞ばかり取りやがって。

自分は生まれてこの方まったく賞なんて取った記憶がない。
小学校の時、なんの学級会だったかは全く忘れたが、みんなの前でしどろもどろに一生懸命意見を言った翌週、担任の先生から、「たくさん悩んだで賞」という賞を受賞したくらいだ。しかし、こんなのは受賞歴には入らない。
自分が賞をもらうより先に、高校演劇フェスティバルの審査員をして、演劇部の高校生に「上田一軒賞(演技賞)」などという賞をあげてしまったくらいだ。しかし、なんという名前の賞だ。私が名前を付けたわけではない。主催側が作った賞だ。朝礼で全校生の前でも発表されたらしい。なんだか申し訳ない。

それはさておき、『エダニク』だ。
しかし、『エダニク』を演出した時もたくさん悩んだし、次もやるとしたらたくさん悩むだろうから、「たくさん悩んだで賞」くらいは貰ってやってもいいかもしれない。

とにかく、もし再演となったら、皆さんぜひお越しください。

たしかにおもしろいです。
posted by うえだいっけん at 02:52| 大阪 ☀| 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。