2009年03月18日

顔面麻痺、病院へ行く。

kusuri.jpg

その日は、花粉症がひどくて、右目をひどく掻いてしまった。
今年の花粉はひどいなあ、と思ってたら、なんか右目がおかしい。
目だけじゃなくて、顔もなんかおかしい。
動きにくい。
顔の右半分が思うように動かなくなった。
こんなのは大したことなかろう。2、3日したら治るだろう。
と思っていたが、治らない。
治らないので、病院にいこうと思った。
思ったが、いったい何科に行けばいいのか。
花粉アレルギーが原因だろうから耳鼻科かなあ、とも思ったが、神経科のような気もする。
が、神経科はなんとなく怖そうなので、とりあえず、近所の耳鼻咽喉科へ行くことにした。

行ったら、耳鼻科の待合室は、人で溢れかえってる。
この時期は、花粉症の患者さん達が、わんさか押し寄せるのだな。
受付の問診票に、「どのようなことでおいでになりましたか?」とあるので、何と書いたものかとちょっと迷ったが、「顔の右半分が動きにくい」と、素朴な感じで書く。
でも、「これって耳鼻咽喉科にやってくるべき人間の症状かなあ」とちょっと不安になったので、ちょっとでも耳鼻科の患者らしく振舞おうと思い、「(花粉アレルギーが原因のような気がする)」などと、余計な事を書き加える。
受付の看護師さんに渡すと、その看護師さんが、ちょっと驚いて(のように見えたが、思いすごしかもしれない)、
「これ、いつからですか?」と聞く。
「1週間くらい前からです」と答えたら、(実は6日間くらいほったらかしてたのだ。)
「ちょっとお待ちください」と言われる。
「おお、やった。重病だから優先的に見てもらえるのか」と、期待したが、全然そんなことはなく、きっちり1時間待たされた。
「なんだ、やっぱり大したことはないのか」と、ちょっとがっかり。
このがっかりは、「ああ、高熱が出た」と思って体温測ってみたら、37度2分しかなかったときのようながっかり感だ。
大したことはなさそうなのだから、がっかりしてはいけない。喜ばないといけない。
やっと順番が回ってきて、ちょちょっと診てもらう。
大したことない患者は、やっぱり、ちょちょっとした感じでしか診てもらえない。
もうちょっと大した感じを期待してた自分は、やっぱりちょっとがっかりする。
でも、お医者さんも、こんなにたくさんの患者さんを相手にして、大変なのだから、自分ばかりが甘えるわけにもいかない。
先生いわく、「これは花粉症とは関係ありません」
ないのか!
なぜかわからないが、ちょっとショック。
「あなた!これ、目、掻きすぎ!掻きすぎにもほどがあるでしょ!しかも1週間もほったらかして!命が惜しくないのか!」と、お医者さん的なお叱りを賜ることを、ちょっと期待してた自分を知ったショックだろうか。
自分でもショックを受ける理由が分からないので、平静を装う。
でも、ほんとかなあ。
「ここでは検査できませんので、大きい病院に紹介状を書きます。そちらへ行ってください」と言われる。
「ここでは検査できない」「大きい病院」「紹介状」という言葉に、少し自尊心を回復する。
で、頼んでもないのに、花粉症を診られ、薬を処方される。
ま、当然か。

次の日、朝一で、大きい病院に行く。
朝一のつもりだったが、もっとずっと朝一の人たちがたくさんいて、病院初心者の自分は、やっぱり一時間待たされる。
何科に診てもらうのかなあと、ドキドキしてたら、やっぱり耳鼻咽喉科。
その程度か。
よくわからないが。
お医者さんにちょっと診てもらった後、レントゲン撮ったり、血液調べたり、聴覚調べたり。
CTスキャンにかけられるのかなあと思ったが、なかった。
その程度か。
で、再び、お医者さんの前へ。
お医者さんの前で、口を動かすと、「いいですよ。いいですよ」と言う。右の唇は思うように動かないのだ。なにがいいのか。
どうやら症状が軽いということらしい。

ということで、時間はちょっとかかるが治るらしい。
人によっては完全に治るのに半年かかる人もいるらしいが、だいたい2か月くらいで治るようだ。
よかった。
次の公演の本番に間に合う。
ひと安心。
薬をいっぱい処方してもらう。
が、もっともっとたくさんの薬が要ることを期待してた自分を知る。
この程度か。

しかし、後で気づいたんだが、原因とか、詳しいことは、なにも聞かずじまい。
実は、この病気のことを、インターネットで、ある程度調べてから、病院へ行ったので、これは『末梢性顔面神経麻痺』のうちの『ベル麻痺』というやつだな、と、自分であたりをつけていた。
意外と、よくある病気らしい。
これが『中枢性』だと、脳が病気で、えらい病気だが、明らかに『末梢性』だ。
顔の筋肉と脳をつなぐ神経が、何らかの原因で、炎症をおこしてるんだろう。
ある程度わかったつもりで病院へ行ったので、何も質問せずに帰ってきてしまった。
しまった。

『末梢性顔面神経麻痺』のうち、明かな原因が不明なものを、特に『ベル麻痺』いうらしい。
原因不明なのに、なんだかわかったような名前が付いてるところが、ちょっとおもしろい。
「ベル麻痺ですね」と言われたら、「原因のわからないアレですね」ということになる。
ま、今のところ、原因が確実には特定できないということだろう。
よくわからないが。
でもこれ、自分で勝手に『ベル麻痺』と思ってるだけで、お医者さんに言われたわけでもない。
お医者さんて、聞かないと最低限のことしか教えてくれないものなのかなあ。
ま、難しいこと言われても、かなわん人もいるだろうし、たくさんの患者さんを相手にして、忙しそうだしな。治りゃあそれでいい。
でも、今度行ったら、もう少し詳しく聞いてみよう。
posted by うえだいっけん at 11:22| 大阪 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

顔面麻痺!

なんと。
顔の右半分が動かなくなった。

「今日も一日お疲れさ〜ん」と、ビールを飲もうとしたら、口の右端から、こぼしそうになった。

右目で、ウインクできない。(する必要ないけど)

これは、なんと呼べばいいのか。
顔面・・・うん・・・顔面麻痺。

完全に動かないわけではないけど、動きにくい。
思うように動かない。

気分が良くても、口笛吹けない。
でも、口笛はもともと吹けないからいい。
でも、ご飯食べるときは不便で、ゆっくり食べないとこぼしそうになるので、よぼよぼのおじいちゃんになったような気分になる。

笑っても、右半分があんまり笑えてない。
写真撮ったので、見てください。
まず、これ動く方の半分。

ganmen1.jpg

作り笑顔なので、役者にあるまじき、ひきつり笑顔ですが・・・、とにかく、動く方の半分。

で、こっちが動きにくい方の顔。

ganmen2.jpg

かなり、違う表情ですよね?
そんなことないですか?
そんなことなければいいですが、そんなことありますよね。
これ、一枚の写真の半分づつなんですけど。
じゃあ、その顔はというと、
こんな顔。

ganmen3.jpg

わわ。
なんか怖い。
わざとじゃないですよ。

なんだこれ。
おいら、俳優なのに。はしくれなのに。
困った。
目指すは、北野武か。
posted by うえだいっけん at 09:14| 大阪 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ラーメン又はチャーハン付

おもしろいものを見つけた。
中華上八のメニュー。

uehati1.jpg

自宅のポストに放りこまれていた。
出前してくださいということだろう。

開いてみる。

uehati2.jpg

麺類。
ラーメン、450円。
なかなか安い。
注目は、650円出すと、チャーハンが付いてくるというところ。
安い。
でも、ここまで丁寧にいちいち書かなくとも、
「プラス200円でチャーハン付き」
と書いとけばよいではないか。
ま、でも親切か。

さらに。
一品料理にも、プラス200円で、ラーメンかチャーハンがついてくる。

uehati3.jpg

さらに、ちょっと驚いたんだけど、こんなものにも。

uehati4.jpg

ラーメンにキムチを付けるのではない。
350円のキムチに200円でラーメンが付いてくるのである。

とにかく、何にでも、プラス200円でラーメンかチャーシューメンを付けられるということのようだ。

なんと飯類にも付けられる。
でも、中華丼や天津飯に、チャーハンを付ける人がいるのだろうか。
まあ、いるかもしれないか。
でも、ちょっとのけぞったのは焼飯。

uehati5.jpg

焼飯にはチャーハンしか付けられない!

焼飯にチャーハンつける人はいないように思うがどうだろう。

ていうか、焼飯とチャーハンてちがうものなのか?

ていうか、なんでラーメンは付けられないのか。

ていうか、ラーメンにチャーハンをつければそれでいいかあ。

これ、わざとかなあ。
なら、いっそのことラーメンにもラーメンつけられるようにしたらどうか。


このように、ひとの創作物につっこむのは楽しい。
挙げ足とるようで,ちょっと意地悪な気もするが。
しかし、つっこむならうまくつっこんであげたいものだ。
僕は、うまくつっこめているかな。
もっとうまくつっこめるようになりたいものだ。
あ、最後に。

uehati6.jpg

さすがにライスにはなにも付けられない。

なぜかホッとした。

posted by うえだいっけん at 08:58| 大阪 ☔| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

ランニングの風景(田舎の廃屋)

ikkenR.jpg

ランニングの風景その2。

お正月に実家に帰ったおり、田舎の町をランニングした。
その時、撮った写真。
何もない田舎町だけど、僕にとっては、走っていると風景が懐かしく、そのうち走るのも忘れて、4時間もぶらぶら散歩をしてしまった。

inaka (1).jpg

市役所の駐車場。

何もない田舎って感じが漂ってくる。
そろばん生産は日本一だそうです。僕も子供の頃はそろばん習ってた。
「そろばんもなか」は食べたことも見たこともないけど。

でも、これは市の中心地、まだ、街の方。
僕の実家のある町は、もっと田舎で、こんな感じ。

inaka (3).jpg

田んぼばかりで、家がポツンポツンとある。
コンビニも本屋もスーパーも、歩いていける距離にはありません。

電車は走ってます。
こんな感じ。

inaka (5).jpg

1両編成。
1時間に1往復するだけ。
僕が子供の頃は電車ではなく、ディーゼル機関車だった。だから「汽車」って呼んでた。
そう言えば、街に出た時「電車」ことを「汽車」と言ってしまい、からかわれたなあ。

inaka (8).jpg

走ってたら、田んぼの真ん中に突然雑木林があらわれた。
近づいて、表に回ってみたら、ボロボロに崩れた木造住居の廃屋だった。

inaka (9).jpg

放置され部屋の中の家具なども外から見え、家屋と同じように崩れている。
そういえば、思いだした。
小学生の頃、ここでも遊んだ。その頃からこの家は既に廃屋だった。ここまで崩れてなかったが。
実に30年以上は放置されてるだろう。

しばらく走ってると、また廃屋を見つけた。

inaka (10).jpg

瓦屋根は陥没し、壁は崩れ、家の中がのぞいている。
みごとな廃屋ぶり。
家の前はすすき林と化している。

で、しばらく走ると、また廃屋。

inaka (11).jpg

人が住んでる気配なし。
しかし、まだまだ崩れ方が足りないなあ・・・。
気分は既に廃屋評論家である。

inaka (12).jpg

これも廃屋。
玄関先まで、草むらでおおわれている。
セイタカアワダチソウに囲われ、身動き取れないでいる自動車の感じがいい。

inaka (14).jpg

これは廃家屋ではなく、廃倉庫だろうか。
長い間放置されているようだが、木造住居の廃屋ほどの趣きはない。
廃屋芸術としての価値は、それほどでもないだろう。
?なんだ「廃屋芸術」って。

次、いってみよう。

inaka (15).jpg

ツタの絡まりようがすごい。
これも住居ではなさそうだが、なにか凄まじさがあるので、廃屋芸術作品に認定されていいだろう。
?なんだ「廃屋芸術作品」て。

inaka (16).jpg

酪農場の後のようだ。これは牛の飼料のタンクだ。
同じく、枯れ草木が凄まじい。

次。

inaka (17).jpg

廃屋と、廃工場。
おそらく零細な鉄工場と、その家族の住居の跡。
工場の機械や資材は置きっぱなしにされている。
工場と住居の合わせ技で、かなりの趣きがある。

次。

inaka (18).jpg

住人を失ったばかりの、まだ若い廃屋。
10年後、20年後が楽しみだ。
いや、家が朽ちていく様を楽しみにしてはいけないのか・・・。

inaka (19).jpg

もう少しでドシャっといきそうな「勢い」を感じさせる廃屋。
いや、廃屋に勢いはないか。

こうやって、ランニングしてるうちに、いつの間にか、廃屋にひきつけられ、廃屋ばかりを追ってしまった。

廃屋にはなにかひかれるものがある。
自分だけだろうか?

いや、検索サイトで「廃屋」で画像検索してみてください。
たくさんの人が廃屋に魅せられているのがわかる。

でも、やっぱりなんか、ちょっとさびしい気持ちになってしまいますね。


posted by うえだいっけん at 09:55| 大阪 ☀| 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。